いい仕事してますねー 塩沢お召の十字絣キングサイズ

  • 2016.03.17 Thursday
  • 10:05


新潟県南魚沼市塩沢(旧塩沢町)の中田屋織物
で織られた塩沢お召の映像です。


生地の長さが24.8メートルと記載されています。
通常の着物の長さは約12メートル。
その倍の長さがあるので着物2枚分の長さになります。


男性用のアンサンブルと呼ばれる生地は
着物と羽織が作られる生地なのですが
こちらは着物2枚分の生地になるので
通常、疋物(ヒキモノ)と呼びます。



しかも、生地幅の広いキングサイズと
呼んでいる生地になります。

生地の耳を含んで1尺1寸5分(約43.5センチ)
あるので2尺5分(77センチ)くらいの裄で
仕立てができます。








塩沢織物の特徴といえば
独特のシボ感(ザラザラした手触り)
があるんですがこちらの生地は
非常に滑らかな生地に織り上げられています。


どういうことかというと、
それだけ細い糸で織られているということです。


わかりますか?

細い糸で織る。ということは
縦糸と偉糸の本数が多くなる。
糸の密度が濃くなるんです。


しかも、、、
糸の状態で絣の柄になる色を染めてから

その細い糸で十字絣の柄を表現しています。


おそらくですが、これほどまでに細かい織りは
今後、生産することが困難になると思います。

それほど貴重な生地だということです。


知っている人が見ると
うわー、イイの着てるなー!
いい仕事してますねー!
ってすぐにわかる逸品なんです。。。

 

無声動画 着物をほどいています

  • 2016.03.07 Monday
  • 18:07

着物を着ることが少なくなってきて・・・

という男性のお客様がいたので


他にもたくさん着物を持っているし
作務衣を作りますか。と提案したら


そうしよう、そうしよう。


ということで、仕立てあがっている着物を
ほどいています。

厳密にいうと動画は羽織をほどいています。






どうして無声画像かというと
説明を喋りながら撮影すると
着物をほどいている人が
えっ?なに??
って聞き返してくるからです。



着物の仕立て糸は細かく縫われているので
ほどくのも時間がかかって一苦労なんです。


この着物は手縫い仕立てした着物なので
まだ「ほどきやすい」んですが。

これがミシン仕立てだったらゾッとします。。。



で、着物を着て出かける機会が減ったり
役職を引退したりするとこういう依頼が
結構あったりします。


着ないでタンスにしまっておくよりは
作務衣にリメイクして着たほうがいい。
ってお客様は多いです。

 

実は既製品の女子用コートを着ているんです

  • 2016.02.08 Monday
  • 14:58

ときどき来る小物専門の問屋が
珍しくコートを持ってきたんで





あ、これ、いいじゃん!と買ってみた。

一応、女性用の既製品のコートです。
ゆったりサイズでラクラク着れました。





フロントは大きめ3つボタン式で女子用だけど
和装用なんで左前が上になるんでオトコでも
全然OKです。





縦縞柄で色も渋めのユニセックスなんで
気軽に羽織るにはちょうどいいんです。

体型が大柄じゃないと女子用の商品も活用して
オシャレできるんで着物や羽織を女子用の生地
から作るオトコが意外と居るんです。。。
 

大人だって兵児帯(へこおび)を締めよう

  • 2016.02.02 Tuesday
  • 14:54


兵児帯=へこおび。と読みます。


最近はあんまり見かけなくなったかな。

夏にちびっ子が浴衣にしている帯です。
男子だと青色とか女子だと赤とかピンクとか。


胴にグルグル巻いて後ろで蝶結びするやつ。

昔のテレビでお屋敷に住む主人が着物を着ていて
兵児帯を締めて登場するドラマがあったな。。。



兵児=若者という方言で若者が使っていたから
兵児帯と呼ばれるようになったという説も。


着物に締めるというよりは浴衣のイメージかな。





これ、総絞りの兵児帯です。





両端に絞りで柄を表現していて





あとは均一な絞りが全面に施してあります。

全体的に絞りが施してあるので総絞り。

両端だけに絞りの柄があるものを
端兵児=はしへこと呼びます。





こちらも総絞りの兵児帯になります。

最初の兵児帯とくらべるとこっちのほうが
値段が高い帯になります。


こっちは均一に絞っているだけなんですが
絞りの粒がより細かいんですよ。


もちろん生地の質や長さなども関係しますが
そういうことで価格が変わってきたりします。





この絞りの粒の細かさを見て下さい。

非常に滑らかで一粒一粒が整っています。

てか、どっちもアップで撮影したんで
最初の帯の粒とこっちの絞りの粒との
違いがあんまり分からないかもです。。。

 

アンサンブルの生地

  • 2016.01.26 Tuesday
  • 18:16

近所の方から電話がきて
反物って買い取ってもらえますか?
ということだったので
伺ってみたらコレが混ざっていた。





あー、、、なんか懐かしいような
オトコ物のアンサンブルの紬でした。

茶と紺が色違いで出てきました。。。


アンサンブルとは基本的には着物と羽織を
同じ生地で仕立てて作るものです。

お対(おつい)とも呼びます。


一時期はアンサンブルがすごく流行って
オトコの着物といったらアンサンブルでした。

今も名残があると思います。





亀甲柄を織り上げたアンサンブルの紬生地です。

有名なところだと大島紬や結城紬、塩沢紬なども
オトコのアンサンブルの生地を生産しています。


ちなみに、証紙に宝松樹と記されていますが
メーカーがこの織物に付けた名前です。





このように亀甲柄に織られています。

オトコの着物の柄ではよく見かける柄です。





縦糸と横糸に色を付けて柄が合うように
織り上げています。

この紬は機械織りで織った紬になります。



こちらの生地をなんとか処分できないか。

という希望だったのでとりあえずネットで
安く売りに出してみようと思います。。。

 

VAN

  • 2016.01.20 Wednesday
  • 21:16


以前、日本のアイビーブランド「VAN」を特集する
雑誌をペラペラ見ていてこのジャケットかっこいいな
とかってページをめくっていたら。。。


創業者の石津謙介氏がブレザーやタキシードやシャツに
身を包んでいる写真の横に着物を着ている写真があった。



へー、着物も着るんだ。



ブルーの着物の下にタートルネックのニットを合わせて
腰には太目のウエスタンベルトを角帯のかわりに巻いて
足元にはウエスタンブーツを履いて休日のラフなスタイル
みたいな感じのリラックスしてるけどすげーカッコいい!



だいぶ前に見たんだけどその写真をふと思い出したんで
あ、ネットで検索したら出てくるかな?って探し始めたら
う、うっかり買ってしまった。。。VANのコート。。。






ジャストサイズでした。

春まで愛用します。。。

 

紬の白生地を江戸小紋に染めた

  • 2016.01.15 Friday
  • 12:00




紬の白生地を染めて仕立てた着物です。

こうやって見ると一見無地のように見えます。

着物メーカーの根茂織物(ねしげおりもの)で
江戸小紋を型染めして仕立てた着物です。





近くで見ると柄がわかりますよね。

江戸小紋の「よろけ縞(しま)」模様を
地色を紺色系で柄の色を紫系で指定して
染めてもらいました。

完全なオリジナルで作った世界に一枚
だけのオンリーワンの着物です。





紬の生地なので画像の中央に「節糸(ふしいと)」
がわかります。

この糸が紬の特徴であり紬の味でもあります。





この江戸小紋は伝統工芸士である田島輝久氏
(たじまてるひさ)の染めによるものです。

 

ちょいワルおやじは羽織紐で遊ぼう

  • 2016.01.10 Sunday
  • 20:13


女子の着物に比べるとオトコの着物って
地味だし変化をつけにくいですよね。

着物を何枚も持っていればその日の気分で
羽織との組み合わせを楽しんだりできるけど。


そんな最初っから何枚も着物を作れないよー。

ですよね。。。

なので、最初は小物で変化をつけていきましょう。


帽子をかぶる、首にスカーフを巻く、
ゴツイ革のバッグを持つ、ブーツを履く。

こういうコーディネートも全然アリだと思います。



ただ、着物の基本形でいうと一番簡単に変化を
つけやすいのが羽織紐かな。と思います。





上の画像はシンプルな平打紐の羽織紐。
羽織紐の中では一番スタンダードな形
なのかなと思います。

あ、羽織紐を外すときは紐の先端に付いている
S字のフックを乳(ち)から外して下さい。


今まで何人かいたんですけど紐を解いちゃうと
結べなくなりますから注意して下さいね。





さっきの平打に対してこちらは丸打の羽織紐。
平と丸の違いはありますが結び方は一緒です。

この2つの形が着物を最初に揃えるときに
購入する方が多いです。今までは。





こちらも丸打ですが紐の巻きが二重になってます。
1つ上の丸打紐と比べるとボリュームがあります。

体格のいい大柄な人には大きめの羽織紐のほうが
存在感があるし体型的にもいいのかなって思います。





こちらは天然のトラ目石をつけた羽織紐です。
天然石を使った羽織紐もいろんな種類があります。

石の数も1つから複数まであります。





これは木の珠をつけた羽織紐。
このシリーズはすごく売れました。

売れましたって過去形になってますが
今も売れ続けています。

どうして売れているのかっていうと・・・





この2つの木の珠がマグネットでくっついていて
簡単に外れるんですね。

羽織を脱ぐときに羽織紐自体を外さなくても
このマグネットを外すだけで羽織を脱げるんです。

だから、羽織紐を羽織につけっぱなしにできるんです。

あれっ、羽織紐どこいった??ってなりません。笑

呉服屋も使ってますがチョー楽ちんです。





こちらも上と同じシリーズです。
木の珠とはまた違ったおしゃれ感がありますよね。

一見、若者向けなデザインの感じもしますが
オシャレ志向の年配のお客さまにも売れてます。





で、マグネットで簡単に取り外しができます。





これもオシャレだしカッコいいですよね。
遊び感覚でつけて出かけたい羽織紐です。

こういう羽織紐も若いオネーチャンにウケます。




こっちはチェーンタイプの羽織紐です。

レザーの着物とか作っちゃってコーディネートしたら
ちょいワル感が出てカッコいいと思います。





で、最後は変わり結びの羽織紐。
房の珠がオシャレでかわいいです。

羽織紐だけでもいろんな素材や形があって
取り替えるだけで雰囲気もガラッと変わるし
気軽にオシャレを楽しめると思います。


こんな感じでオトコの着物も女子に負けない
もっと自由なオシャレを楽しみましょう。。。


 

そうだ、着物でトイレに行こう! 初めての「小」

  • 2016.01.09 Saturday
  • 21:21

初めて着物を着て出かけたときに
必ず行くことになるのがトイレです。


トイレに行く理由は大きく分けて2つ
あります。そう、「小」と「大」です。

スモール オア ビッグ です。


では、小スモールをしにトイレに行く場合

まず、ギリギリまで我慢しないで下さい。

そんなにしたくないけど一応行っておくか。
くらいの余裕を持ってトイレに行きましょう。


限界まで我慢して慌てて行くと
きっとロクなことがありません。

ゆとりをもって気持ちよく済ませるようにしましょう。



トイレに入ったらいきなり小便器の前に
くっついて立たないで下さい。


いつも立つ位置より一歩下がって
これから行なう儀式の準備をします。



まず、左手で着物の左身頃をまくります。
次に、右手で着物の右身頃をまくります。

ちゃんとできてますか!?


次に、左手の腕でまくった着物を押さえながら
左手で長襦袢の左身頃をまくります。


もし、まくった着物が落ちてきてもドンマイ。

長襦袢の左身頃と一緒に着物もまくり上げましょう。

で、右手でも左手と同じことをします。



さあ、あと残すは下着のみです。

あ、とりあえず下着以外に寒いからタイツとか
足捌きがいいからステテコとか穿いてないです。


あとは下着を下ろしてブツを取り出すだけです。


で、ここでも下着を下ろす手と
ブツを取り出す手が必要になります。


そうなんです、やっぱりまくり上げた着物と
長襦袢を腕で押さえながらの作業となります。



では、あなたが右利きで右手がブツを取り出す
ゴッドハンドだという仮定で話をすすめます。


あ、まだ小便器から一歩下がったポジションですよ。


では再開します。



左右の腕でまくり上げた着物と長襦袢を
押さえながら左手で下着を下ろします。

このときに下着のタイプによっては下着の上部が
角帯に挟まれている場合があります。

その場合は下着のフロント上部を引っ張って
角帯から救出して下さい。


焦らないで大丈夫です。

まだあなたの気持ちには余裕があるはずです。



で、無事に下着を下ろしたらゴッドハンドの出番です。

ゴッドハンドでブツをつかんだら半歩前へ
ゴッドハンドでブツを出しながら半歩前へ。

慣れない体勢なので半歩ずつ前進しましょう。



これで、あなたのベスポジで普段通りの
儀式が執り行われるんです。

発射準備完了!ってやつです。


あ、待って待って、発射する前に腕で押さえている
着物と長襦袢の裾が小便器の内側に入ってないか
きちんと確認してから発射して下さいね。

万が一、便器内に入っていると着物が
普通に濡れることになりますんで。。。

 

初めて着物を着て飲食するときの注意点

  • 2016.01.09 Saturday
  • 16:14


初めて着物で飲食するときも注意しないと
いけない基本的な点があるんです。


では呉服屋の経験で気をつけて欲しいこと。



1.食事をするとき

まず席についたら袖は少し上げ気味に
手首と肘の間くらいにしておきましょう。

呉服屋はたいがい肘が出てる感じです。


着物と洋服の一番の違いは袖の袂(たもと)です。
袂とは袖の下側の袋状になっている部分のこと。

とにかく手を動かすときは袂に気をつけましょう。


目の前に並んでいる料理の向こう側に置いてある
調味料を取るときは必ず片手で袖の袂を押さえて
手を伸ばすようにして下さい。

右手を伸ばすときは左手で右袖の袂を押さえる。



で、たとえば円形テーブルでテーブルの中央にある
調味料を立ち上がって取るときなんですけど。

右手を伸ばして、左手で右袖の袂を押さえて
体を前傾姿勢にしたら、左袖の袂がお皿の中へ。。。

なーんて、おっちょこちょいな輩も。


両方の袖の袂に注意が必要です。




食事がビュッフェスタイルの場合も
袖の袂には注意をして下さい。

右手にトング、左手にプレートを持って
トングでポテトフライをつかんだら
右袖がスルスルスルと落ちてきて。。。

なんてことにならないようにプレートは
台に置いて左手は常に袂を押さえましょう。


ポテトフライならまだしも
これがスープやカレーだったら
一気に気分が凹みますんで。。。





2.お酒を注ぐとき

あと、お酒を飲んでいるって場合も多々あります。

当然ながらお酒を注ぎ合うってパターンになるんですが
ここでも袖の袂は常に押さえるようにして下さい。



上司や目上の人に片手でお酒を注ぐのは失礼ですが
着物を着ているときは許してちょんまげの気持ちで
右手でビール瓶を持ったら左手で右袖の袂を押さえる。

常に片手は袂を押さえられるようにしておいて下さい。


テーブル越しにお酒を注ごうとしたら間に置いてある
瓶や徳利を倒しちゃって二次災害なんてことも。。。



あと、お酒を注ぎあっている会場だと
よっ、久しぶり。元気だったか。って
後ろから肩を叩かれたりしますよね。

こういうときの手っていろんな物を触ってて
結構汚れてたりビール瓶の水滴が付いてたり。


あなたが着物を汚していないと思っていても
意外と着物に汚れが付着しているって場合が
あるもんなんですよ。ま、しょうがないんで。

かといって、肩を叩かれるたびに肩と相手を
怖い顔してジロジロ見ちゃダメですよー。


帰ったら着物を数日は陰干ししておいて
しばらく着ないようならクリーニングに
出しておくことをおすすめします。


以上、食事のときの注意点でした。。。