絹糸の驚くべき強度がわかる昔の使われ方

  • 2016.01.21 Thursday
  • 13:45

日本がまだ戦争をしていたころ
絹糸は意外な人が買ってくれて
意外なところで使われていました。


誰が買っていたかわかりますか?


機を織る人?

うーん、違います。



その当時、国が絹糸を買っていました。

国って日本国のことです。



なんで国が絹糸を買うんだ?



まだ戦争をしていたころがヒントです。



あ、軍人の制服を絹糸で作ってた?

うーん、違います。



絹糸は戦争に必要なある物に使われていました。



そのある物とはパラシュートです。

当時は落下傘といわれていました。

あの落下傘部隊の落下傘です。



織物に使用する糸よりかなり太く撚って
太い絹糸を納めていました。


この絹糸を束ねて使用していたと思われます。


ちなみに、落下傘の傘の生地にも
羽二重という絹織物を使用していました。



現代のように物資が無かった時代とはいえ
このような使われ方をしていたことを考えると
絹糸の強さがいかに強いのかがわかりますね。。。
 

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

忍者ツールズ

selected entries

categories

archives

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM