着物の着付けをします 画像解説つき

  • 2015.12.29 Tuesday
  • 16:46

このページを読む前に
「長襦袢の着付けをします 画像解説つき」
を読むと流れがわかりやすいと思います。


では、今回もトルソーのマネキンに
着物を着せていきます。

長襦袢の着付けをしたので
その上に着物を着せます。


着物はグレー地の塩沢お召で細かい亀甲柄。
胴裏は無地のグレーで袷仕立てです。






まず着物を羽織ります。

背縫いのラインを背中の中心に合わせます。




背中のラインを合わせた状態で左右の衿を
前方に引っ張りながら画像中央の共衿の位置を
同じ高さに合わせます。




左身頃を左手で開いたら
右手で右の衿先を左の腰に持っていきます。

衿元がたるまないように体にピタッと
這わせて下さい。




右の衿先を




左の腰の奥にしまう感じです。

今しまった生地を左の身頃で押さえながら




左の衿先を右の腰に持っていきます。

衿元が緩まないように注意して下さい。




この状態では右の腰にある左の衿先をきちんと
押さえておけば着物がズレることはありません。




空いている手でベルトを用意して
ベルトのクリップで左の衿先を留めます。

ベルトの位置は腰骨の上です。

ベルトを背中から左の腰にまわして
正面でベルトのフックをループにかけます。




すると着物に画像のような縦ジワが
できてしまいました。

ベルトや角帯まわりはこのような
シワができやすいです。

シワができたときは体の中心から
左右の脇に生地を伸ばすようにして
シワを伸ばして下さい。




すると上の画像のようにシワが無くなります。




後ろ側も同じようにシワを伸ばします。




最後に衿元をチェックして完成です。

お疲れ様でした。。。

 
コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

忍者ツールズ

selected entries

categories

archives

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM